七五三詣

子供の成長を祝って神社に詣でる年中行事。

3歳は髪を伸ばす『髪置』、5歳の男児は初めて袴をつける『袴着』、7歳の女児はそれまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする『帯解・紐落』という家庭行事がございましたが、今日では成長の節目にあたる歳に神社にお参りして、子供の成長に感謝と今後の成長を祈願するようになりました。