病気平癒祈願 - 御幸森天神宮

病気平癒祈願

御幸森天神宮のご祭神の一柱であられます「少彦名命(すこなひこなのみこと)」様は、

「医薬の神」として古くより日本各地でお祀りされている神様です。

 

御幸森天神宮の由緒によりますと、

西暦850年頃、この地方に疫病が流行し人々が罹病に悩まされていた折り、

当宮の社僧・大蔵院行綱が「京都五條天神社」に参籠し災厄追放を祈願。

同社の御祭神、少彦名命(すくなひこなのみこと)のご神霊を当宮に勧請奉斎したところ

人々の病も鎮まっていったということです。

当宮では、「ご病気の方が健やかになられますように。良き方に向かわれますように」

というご祈祷を通年お受けしております。

期間など 通年

午前十時〜午後五時 ※事前予約が必要ですので、電話などでご連絡をお願い致します。
初穂料 壱万円
お問い合わせはこちら